DeepLは2020年5月4日現在、日本から課金できない

DeepLをいたく気に入ったので課金しようとしたらアカウント作成中にエラー発生。よくわかんなかったのでサポートに問い合わせたら「税制上の理由で日本からはまだ課金できない。でも、できるようにいま頑張ってるよ(意訳)」とのこと。 以下サポートから届い…

30分で論文流し読みシリーズ 9「Cntr: Lightweight OS Containers」

www.usenix.org 実際の所要時間 1時間 課題 コンテナの実行において、コンテナイメージサイズを最小化しつつ、稀にしか使わないデバッガなどのその他ツールも使いたい アプリもその他ツールもすべて入ったイメージは無駄に大きすぎる アプリが通常使わないそ…

swapは無効化されぬ、何度でも蘇るさ!

めも Rookのintegration testを動かそうとしたら、テスト用のK8sクラスタを作るスクリプトにおいて、K8sクラスタが立ち上がらない、および、「kubeletはswaponだと動かないよ」というエラーメッセージが出ていることがわかった。しかし上記スクリプトはクラ…

寝室からスマホを追放した話

以前から寝る前にスマホをぼさーっと見るのをやめたいなと思ってたんですが、寝室にそもそもスマホを置かないという方法でそれを達成しました。その結果、今朝はえらく頭がすっきりしていて、なんだか睡眠の質が改善したような気がします。たった一日なので…

Ergo Proxyを見た

https://amzn.to/3aZpFC9 ストーリーは難しくて何言ってるのか最初は全然わからなかったものの…といいたいところですが結局最後まで全く理解できないまま終わりました。しかし世界観、とくに主人公のデザインがすばらしかったです。最初から最後まで映像の綺…

長期証券投資の方法の一つを紹介

10年以上証券投資をしてきて今の方法にたどり着いた自分なりの投資方法を書きます。おそらくは少なからない人が推測している「株をやる」とは大きく違っていると思います。もう一点、タイトルについて「株式取引じゃないの?」と思われるかもしれませんが、…

Linuxカーネル4.1のプロセススケジューラ(ドラフト)

はじめに 本記事は昔書いたlinuxカーネル4.1のプロセススケジューラの実装について途中まで書いたけど諸事情により二年くらい放置していたドラフトです。死蔵するのももったいないので公開しておきます。今現在のカーネルに比べてずいぶんと変わっていること…

謎のコンテナランタイムlinuxd

はじめに 本記事はLinux Advent Calenda 2018の最終日、25日目の記事です。 ここ数年、一つないし複数のプロセスから成るアプリをコンテナと呼ばれるサンドボックス上で動かすのが流行っています。このときアプリを動かす実行環境のことをコンテナランタイム…

OSSの継続性を推測する基準の例

はじめに みなさんは自分が欲しい機能を持ったOSSを見つけたものの「使っているうちに開発が止まったりしないだろうか」と思ったことはないでしょうか。あるいは似たような複数のOSSのうちのどれを採用するかという選択を迫られて悩んだ経験はないでしょうか…

Linuxカーネルに関する独自コードをメンテナンスするコスト

はじめに Linuxカーネル(以下カーネル)に機能を追加する、あるいはバグを修正する自作コードには次の2つの種類があります。 独自カーネルモジュールの作成 カーネル本体の変更 これらの変更を長期間メンテナンスするには次の方法があります。 Linux開発コミ…

Linuxのプロセススケジューラから見たSocionext SC2A11

はじめに 本記事はSocionext SC2A11のキャッシュメモリ構成の続きです。今回はLinuxのプロセススケジューラにはこのCPUがどのように見えているかについて調べました。 まずは前提知識としてLinuxカーネルのプロセススケジューラに存在するロードバランサとい…

Socionext SC2A11のキャッシュメモリ構成の推測

はじめに 本記事はARM v8 アーキテクチャのネイティブな開発環境を提供するSC0FQAA-Bに搭載されているSocionext SC2A11 (24コア)のキャッシュメモリがそれぞれどのコア間で共有されているかを調べた結果をまとめた記事です。 なぜそんなことをしたかというと…

ソートの計算量と現実のプログラム

ソートアルゴリズムについての小ネタ。「ソートは迷わずクイックソート」と言われることがよくありますが1、場合によってはそれが最適ではないこともあるという話。ここではクイックソートと挿入ソートを比較します。 O-記法で書くとクイックソートの平均計…

カーネルモジュール作成によるlinuxカーネル開発入門 - 第五回 排他制御

前回作成したスタックは、手元の端末でみなさんが対話的に操作しているうちは何も問題が起きません。しかし、このスタックを複数の処理が同時に操作した場合は問題が発生します。今回は、前回作成したスタックにどのような問題が存在しているのか、および、…

Linuxカーネルソースの統計情報

はじめに 本記事はlinuxカーネルのソース分析によって、このソフトウェアの様々な特徴を可視化します。ソースの総行数といったありがちなものから、1つのバージョン内のrelease candidate(rc)ごとのパッチ数の推移やサブシステムごとのデータなども出してい…

Linuxカーネルで学ぶC言語のマクロ

はじめに 本記事は電子書籍版もあります。 linuxカーネルはC言語のマクロを駆使して書かれています。それらのうち、凝ったマクロになじみの無い人には初見では意図がわからない&わかってみれば面白いであろうものをいくつか紹介いたします。対象読者は、C言…

カーネルモジュール作成によるlinuxカーネル開発入門 - 第四回 リスト

はじめに 本記事は第三回の続きです。前回までの記事を既に見ていることが前提です。 今回はカーネル内の代表的なデータ構造であるリストについて学びます。その過程で、カーネル内においてメモリを動的に割り当てる方法についても学びます。 リストの構造 …

科学実験のようにスケジューラの挙動を観測する

はじめに 本書の主な対象読者はlinuxを含むOSのプロセススケジューラについて聞いたことがない人や、名前は知っているけど具体的に何をするものかをよく知らない人です。 linux kernelは複数プロセスを同時に動作させる(正確にはさせているように見せかける)…

ソフトウェアのサポート業務とはどのようなものか

はじめに ソフトウェアの世界にはいろいろな仕事があります。何も知らない人から見て一番脚光を浴びがちなのが開発者、とくにプログラマーでしょう。スーパープログラマーを題材とした漫画やアニメ、映画はたくさんあります。しかし、それ以外の仕事は実際や…

たのしく学ぶLinuxカーネル開発(第一回): `rm -rf /`実行時にカーネルパニックさせる

はじめに Linuxカーネル開発を学ぶためにhello worldモジュールからはじめて少しづつ強化する記事を過去にいくつか書きました。これはちゃんとやれば身に付くことは身に付くのですが、非常に地味なので、よほどカーネルに興味を持っている人以外には退屈でし…

自作OSとかLinuxカーネルについて役立った本

はじめに なんらかの理由によってOSやOSカーネルに興味を持つ人は多々います。しかし、その次のステップとしてどんな本を読めばいいんだろうと思っている人はこれまたいっぱいいます。そこで、長年Linuxカーネルにかかわってきた筆者がこれまでに読んでよか…

システムを一時的に停止させるカーネルモジュール

はじめに システムを一時的に停止させるstop-machineというカーネルモジュールを紹介します。ソースはここにあります。使いかたはREADMEを見てもらえればわかります。 Ubuntu 18.04上でlinuxカーネル4.18.0-18-genericを起動させた状態で動作検証をしました…

なんでもかんでも「バグ」ってひとくくりにしないで

はじめに プログラマがソフトウェアを作るとユーザがつきます。ユーザがそのソフトウェアを使っていて何らかの問題が発生すると「このソフトはバグってる、直して!」と言われることがままあります。それに対して「いや、仕様だから」と突っぱねられることが…

APIとかABIとかシステムコールとか

はじめに 本記事はLinux環境における次のようなことをざっくり理解するための記事です。 Application Programming Interface(API)って何? Application Binary Interface(ABI)って何? システムコールとAPIとABIの関係って? それぞれ何がどう違うの? この手の…

linuxカーネル内部インターフェースの変更例

はじめに Linuxカーネル(以下カーネルと表記)の外部ユーザ空間とのインターフェースはシステムコールが増えることはあっても既存のものが変更されることはほとんどなく、極力互換性が保たれるようになっています。しかしカーネル内部のインターフェースはめ…

Socionext SC0FQAA-BはNUMAか否か

はじめに 本記事はLinuxのプロセススケジューラから見たSocionext SC2A11の続きです。Socionext SC0FQAA-B(以下「本マシン」と記載)は24コアのSC2A11を1つ搭載しています。このマシンがNUMAかどうか、言い方を変えるとSC2A11内の各コアがすべてのメモリに等…

Ryzen1800xでキャッシュのスラッシング

ほそく 2019/2/19 追記: 当初"false sharing"と書いていたのはすべて誤りで実際は"キャッシュのスラッシング"でした。すいません。 はじめに 本記事は、AMD社のRyzen1800x(以下1800xと記載)においてキャッシュのスラッシング(以下スラッシングと記載)が発生…

WSL vs VM for 開発作業

はじめに 本記事はLinux Advent Calendar 2017の最終日、25日目の記事です。 みなさんはWindows Subsystem for Linux(WSL)というWindowsのソフトウェアをご存知でしょうか。これはUbuntu, openSUSE, あるいはSUSE Linux Enterpriseという3つのLinux distribu…

brd: メモリ上に作成するブロックデバイス

はじめに 本記事はlinuxにおいてメモリ上に作成するブロックデバイスであるbrdというカーネルの機能について説明します。 用途 ブロックデバイスを直接しようする各種ファイルシステムやDB、partedなどのパーティショニングツールのテストが主な用途でしょう…

Goでdirect I/O

はじめに 本記事はGoでlinuxのdirect I/Oを使う方法について書いたものです。A Tour of Goを全部終えた人なら読めると思います。 ソフトウェアバージョン OS: Ubuntu 16.04 kernel: 4.4.0-83-generic go: 1.9 きっかけ Linuxのdirect I/Oは、read/write時用…