読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GCEのf1-microインスタンスなどが無料で使えるらしい

Google Computing Platformの一部サービスが無期限無料で使用できるAlways Free製品が強化されました。

japan.zdnet.com

その中でもとくにインパクトが大きいのは記事中の"Google Compute Engine」(1カ月あたり米国リージョンにある1個のf1-microインスタンスと、30Gバイトのハードディスク、同リージョン外への1GB以下のネットワーク通信量)"でしょう。マイクロインスタンスとはいえ、自分の端末から常時接続できるIaaSのインスタンスが無料で使えるというのは大きいです。少なくとも、この手のサービスの利用にある程度慣れている人にとっては、レンタルサーバVPSサービスを解約して、こちらに乗り換えてもOKなケースも出て来ると思います。いずれAWSやAzureなどの他の競合サービスも対抗策を打ってくるかもしれません。

このAlways Free製品は日本からも使えるようなのですが、いくつか注意点があります。

What are the requirements for using Always Free?

You are eligible for Always Free if you meet the following requirements:

  • You do not have a custom contract or rate card with Google.
  • Have an upgraded billing account
  • Account must be in good standing

If you are deemed ineligible for Always Free, you will be charged at standard rates or the rates specified in your contract.

私は上記二つの条件を満たした状態でHDD 30GBのf-microインスタンスを作ろうとしたところ、月あたり$0ではなく、$5.xxと表示され、課金されるように見えました。もしかすると、これまでにGCPを一切利用したことがないため"account is not in good standing"と判断されたのかもしれません。ダッシュボードを見たところ、月額課金予定金額は$0になっていました。GCPのサポートに問い合わせたところ、一見課金されているように見えるものの、「上記要件を満たしていさえすれば、実際には課金されない」という回答をもらいました。なんだかすこし気持ち悪い感じはしますが、使えるという言質は取ったので、よしとします。

上記サポートとのやりとりの中で、もう1つ気になることが出てきたので、それもここに書いておきます。上記サポートとのやりとりで私がもらった回答は、正確には「上記要件を満たしてさえいれば、12ヶ月のfree trial periodの間は実際には課金されない」というものでした。

GCPの無料枠(free tier)には、次の二種類があります。

  • free trial credit: free trial periodという12ヶ月期間で$300ぶんのクレジットが使える
  • Always Free(前述の通り)

彼は、Always Freeについてもfree trialの期間中だけ有効と言っています。公式ドキュメントを見ると、次のように、free trial periodを超えてもAlways Freeが有効なような、そうでないような、どちらともとれる2つの文言がありました。

From https://cloud.google.com/free/

Always Free

Free usage limits on participating products for eligible customers, during and after the free trial. Offer is subject to change.

From https://cloud.google.com/free/docs/frequently-asked-questions

How does the free trial work with Always Free?

You are eligible for Always Free usage amounts during the free trial period. Always Free usage does not count against your free trial credits.

現在は、これについて結局のところどっちなの、ということを再質問中です。